瀬戸商工会議所青年部 令和2年度 スローガン・会長所信・事業計画
令和2年度スローガン

商工会議所青年部(YEG)の活動は、その綱領や指針にあるように、地域を豊かにしていくものでなければなりません。YEGが青年経済人の集団である以上、経済活動を通じて地域を豊かにするべきだと私は考えます。我々の事業が発展することで、雇用が生まれ、納税ができ、活気とエネルギーがその地域にもたらされます。我々の事業の発展は地域振興の礎であり必要不可欠な要素です。

 

 事業の発展のために我々は多くの事を学ぶ必要があります。学ぶべき課題はそれぞれですが、YEGの活動でそれらを学ぶ事は可能であると私は信じています。YEGには自分と同じ課題を乗り越えた経験を持っている仲間や、まさに今対峙している仲間がたくさんいます。求めて交流すれば、経験を共有することができ、自らの知を深めることが可能です。YEG活動で学ぶことは経験に裏打ちされた「生きた知」です。自らを成長させてくれる大切なものです。自分以外はすべて師であるという気概で、仲間から多くのことを学びましょう。もちろん、仲間もあなたから多くのことを学ぶでしょう。そして地域を支える一生の仲間となっていくことがYEG活動です。

 

 今年度の瀬戸YEGは、学びと交流は一体であるという前提のもとに活動をしていきます。仲間との交流がなければ「生きた知」を受け取ることも与えることもできません。YEGの事業は学び合うための交流の場と捉え、多くのメンバーが参加する、いや、参加したくて仕方がなくなる雰囲気で展開していきます。結果、YEGの事業は負担ではなく、成長の場として楽しめるものだということを再認識していきます。

 

 また、今年度は瀬戸YEGが誕生して35年の節目の年度となります。30周年の時、向こう10年の行動指針として、先輩方とともに「育む」と宣言いたしました。あれから5年過ぎ、折り返しの地点です。瀬戸YEGの活動によって、我々が青年経済人として成長できていることに感謝し、先輩方や地域に学びの成果を報告する年度としていきます。

 

我々の知識や経験の幅を深くするために交流することが、地域の振興に貢献すると私は信じています。「YEGでは座して学ぶことはなし。行動がすべてを変える」の精神で、自分がより良く深化するために楽しんで積極的に行動していきましょう。

 

さあ、いくぜ。

瀬戸商工会議所青年部 令和2年度 会長

林 久雄

瀬戸商工会議所青年部 令和2年度 事業計画

   令和2年度は、次の事業方針に基づき事業を行います。

 

     1. 総会の開催

    年3回総会を開催し 決算、人事、予算を審議する。

 

     2. 会員の資質向上と自己の研鑽・啓発

    委員会活動を通じて会員の資質の向上と自己研鑽、自己啓発に努める。

 

     3. 会員同士の交流

    会員相互の交流と相互理解を深めるための事業を行う。

 

     4. 瀬戸YEGのPR

    活動内容をホームページやメディアで紹介し、青年部活動の周知を図る。

 

     5. コロナ禍での「新しい生活様式」を踏まえた事業開催

    社会環境の変化を的確にとらえ、それを推進力とする地域振興事業と渉外事業を行う。

  

     6. 会員増強への取り組み

    全会員が会員増強を意識し、入会希望者も参加できる事業を行う。

 

     7. 35周年記念事業の開催

    30周年で定めた宣言文に沿った記念事業を行う。

 

     8. 青年部連合会及び日本YEGへの出向及び事業への参加

    県連、東海ブロック、日本YEGの事業等に会員が参加し、他地区との連携をはかる。

 

     9. 瀬戸商工会議所事業への参加

    瀬戸商工会議所が行う各種事業へ積極的に参加する。

 

   10. 他の会との交流

    女性会や他の青年部との交流を図り、お互いの理解を深め協力体制を維持する。

   11. その他青年部活動の主旨に資する事業

瀬戸商工会議所 青年部

〒489-8511
瀬戸市見付町38-2 瀬戸商工会議所内

TEL:0561-82-3123  (代)

FAX:0561-83-5204

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

Copyright © SETO YEG, All rights reserved.

お問い合わせ