瀬戸商工会議所青年部 令和3年度 スローガン・会長所信・事業計画
会長2021.jpg
令和3年度スローガン
ロゴ.png
挑め。2021

 2020年。突如としてあらわれた新型コロナウイルス感染症は、世界に大きな衝撃を与えた。多くの人の命が奪われた。欧米での都市封鎖(ロックダウン)や我が国の緊急事態宣言による生活の変化は経済活動の停滞となって現れ、未だに出口がみえない状況にある。 

 新型コロナウイルスは人のコミュニケーション方法を大きく変えた。感染を予防するためとはいえ、人が集まることが是とされない状況がかつてあっただろうか。商談のための訪問、知恵を出し合うための会議、親睦を図るための食事の場、いままでビジネスの場で当然のように行われてきた事ができなくなった。少なくとも医学的な解決方法が見つかるまでの間は、我々は新型コロナウイルス感染リスクを考慮した行動をしなくてはならない。 

 それは青年部活動においても同様だ。会員総会、地域の祭りでの協賛事業、地域に賑わいを興すイベントの開催、研鑽のための勉強会や情報交換のための懇親会。これまで青年部で培ってきた方法での実施が困難な状況になっている。コロナ禍での事業の中止でメンバー同士の距離が以前より離れてしまったと感じるのは私だけではないと思う。

 だからこそ。 

 挑め。 

 考えて、行動しなければ何も生まれない。

 閉塞感がある状況だからこそ、我々が希望にならなければならない。このような状況だからこそ青年部活動を通じてメンバーの連帯をもっともっと深めよう。学び、情報交換し、励ましあって、自らの社業を再構築して家族と社員に安心を提供しよう。地域に明るさをもたらそう。 

 従来のやり方ができないなら、変えればいい。できる方法を考えて、試行錯誤しよう。失敗があってもいい。行動した結果だから。つぎの成功の糧にしよう。頼もしい仲間はここにいる。 

 困難に挑むことでイノベーションは生まれる。今年度こそ瀬戸YEGの事業を変革していくのにふさわしい年度はない。失敗を恐れず、勇気ある撤退も含めて、挑戦を楽しもう。 

 仲間と交流して自己を研鑽し、自社を発展させて地域社会に貢献する。方法は変われど、青年部活動が我々にもたらす価値は変わらない。 

 変化を恐れるな。

 挑め。 

 歩みをとめるな。

瀬戸商工会議所青年部 令和3年度 会長

林 久雄

瀬戸商工会議所青年部 令和3年度 事業計画

   令和3年度は、次の事業方針に基づき事業を行います。

 

     1. 総会の開催

    年3回総会を開催し 決算、人事、予算を審議する。

 

     2. 会員の資質向上と自己の研鑽・啓発

    勉強会等で会員の資質の向上と自己研鑽、自己啓発に努める。

 

     3. 会員同士の交流

    会員相互の交流と相互理解を深めるための事業を行う。

 

     4. 瀬戸YEGのPR

    活動内容をホームページやメディアで紹介し、青年部活動の周知を図る。

 

     5. 「せと陶祖まつり・せともの祭」での事業開催

    お祭りの中で、地域との交流が深まるような事業を行う。

  

     6. 瀬戸市を PR する事業の開催

    市内外の多くの方々に瀬戸の魅力を伝えるとともに賑わいを創造する事業を行う。

 

     7. 瀬戸 YEG シンポジウムの開催

    瀬戸 YEG の歴史を検証し、今後の活動の方向性を会員で共有する。

 

     8. 会員拡大への取り組み

    全会員が会員拡大を意識し、入会希望者も参加できる事業を行う。

 

     9. 青年部連合会及び日本 YEG への出向及び事業への参加

    県連、東海ブロック、日本 YEG の事業等に会員が参加し、他地区との連携をはかる。

   10. 瀬戸商工会議所事業への参加 

    瀬戸商工会議所が行う各種事業へ積極的に参加する。

 

 10. 他の会との交流

    女性会や他の青年部との交流を図り、お互いの理解を深め協力体制を維持する。

   11. その他青年部活動の主旨に資する事業