瀬戸商工会議 青年部

〒489-8511
瀬戸市見付町38-2 瀬戸商工会議所内

​​

Tel: 0561-82-3123  (代)

Fax: 0561-83-5204

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © SETO YEG, All rights reserved.

お問い合わせ

YEGとは

「 YEG 」(若き企業家集団)とは商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表しています。

私たち青年部は、次代の地域経済を担う若手経営者・後継者の集団です。

瀬戸市内を中心に若手経営者が集まり定例会や勉強会、人脈を広げるための他団体との交流会などをおこなっています。また「せと陶祖まつり」や「せともの祭」など地域振興活動へも積極的に参加しています。このような活動を通じて自己研鑽をすることにより各事業所の活性化・繁栄に活かしています。

綱 領

商工会議所青年部は
地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い
次代への先導者としての責任を自覚し
地域の経済的発展の支えとなり
新しい文化的創造をもって
豊かで住みよい郷土づくりに貢献する

指 針

われわれ青年部は

一、地域を支える青年経済人として 先導者たる気概で研鑽に努めよう

一、国際社会の一員であるべき 国際人としての教養を高めよう

一、豊かな郷土を築くために 創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう

一、文化を伝承しつつ 新しい文化の創造に向かって歩を進めよう

一、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ 力を合わせ 国の礎となろう

青年部の歌 『伸びゆく大地』

  1. 伸びゆく大地 伸びゆく大地 日本の 拡がる街なみ青い空 集える仲間はそれぞれに
    地域を支える気概持つ 願いをかたちに変えるため 商工会議所青年部 求めて我らは 立ち上がる

  2. 幾山河を 幾山河を越えて行く 道は果てなく遠いけど 夢追う気持ちは忘れない
    人と人とが語りあい 心と心を結ぶため 商工会議所青年部 時代を我らは 先駆ける

  3. 自由の海の 自由の海の渚には 世界の波が打ち寄せる 歴史の舵はいつの世も
    熱ある者が取ってきた 豊かな郷土を築くため 商工会議所青年部 明日に我らは 船出する

YEG宣言

私はYEGとして、夢に挑む。
私たちはYEGとして、地域を愛し、日本(にっぽん)を愛する。
すべてのYEGは、連帯の証となる。

YEG宣言趣旨
私(商工会議所青年部会員)はYEGとして、夢に挑む。
商工会議所青年部会員は、YEG精神の下に、研鑽と交流を通じて、企業家精神をより一層高め、大きく成長していかねばならない。一人一人のYEGは、自らの企業の発展を原点として、さらに地域社会への貢献を考え、それぞれの夢に若さと情熱をもって積極果敢にチャレンジし、経済人としての自己実現を図っていかねばならない。

 

私たち(商工会議所青年部)はYEGとして、地域を愛し、日本を愛する。
商工会議所青年部は、地域を愛している。活動の基盤を地域に置き、独自の歴史と文化、その地域の特性を十分活かして、豊かな住みよい地域を創造していく。一人一人のYEGが、そして若き企業家集団であるYEGが、次代の地域の担い手として、今後とも商工会議所活動の一翼を担い、より活力ある地域経済社会の実現に向けて全力で取り組んでいく。

 

すべてのYEG(日本YEG)は、連帯の証となる。
全国商工会議所青年部連合会(日本YEG)は、すべてのYEGの連合体として、日本商工会議所の方針を踏まえ、YEG(若き企業家集団)のビジョンを内外に示し、各地青年部の活動支援・調整、組織強化を行い、そのネットワークを最大限に活かして、地域の枠を超え、青年部の活性化と機能強化を図っていく。そして、私は、また私たちは、全国的な交流を促進し、 YEG精神の一層の高揚を図り、連帯の証となる。

瀬戸YEG宣言

我われ瀬戸商工会議所青年部は、30年にわたり、我われを支え育んでくれたすべての方に感謝の気持ちを持ち、瀬戸が、1300年もの間、やきものの伝統を育み続けた地域であることを誇りに思い、これからも世界へ誇れる「地域」と「人」と「伝統」を育み続けるべく、一致団結して次のとおり行動していくことを宣言いたします。

 

我われ瀬戸YEGは、

 

一、この地に根付く伝統を誇りとして大切に育みます。

一、この地に芽吹く新たな文化を大切に育みます。

一、この地で息づく愛とこの地への愛を大切に育みます。

一、この地から日本、世界へ羽ばたく人材を大切に育みます。

一、この地を築く青年経済人の連携を大切に育みます。